女の人

放置せず適切な対処が必要!膣のゆるみやおりものの臭い解消法

不安要素を取り除く

レディー

女性のコンプレックスに見られるのは、性行為以外で処女膜が破れてしまうというトラウマにも見られます。クリニックで行なわれている処女膜再生手術なら、低リスクな方法で処女膜復活が叶います。

Read

出産経験者の悩み

女性

厄介な症状

出産経験者に多い悩みのひとつに挙げられるのが、膣のゆるみ。出産時に膣壁と膣まわりを含む骨盤底筋群の筋力を使って広げることから、そのまま筋力が低下してしまってゆるみを起こしてしまいます。ゆるんだ状態になると、頻尿でトイレの回数が増える、性交時に満足できない、ヒップラインのたるみが起きるなどの厄介なトラブルに悩まされることになり、女性としては非常に厄介なものです。さらに放置していると子宮脱を起こしてしまうリスクもあり放置せずに適切な対処が必要です。

クリニックの治療が有効

膣のゆるみを回復する方法は、自分でできるエクササイズもありますが専門クリニックでの治療が有効です。クリニックで行なわれている方法は膣縮小術や高周波治療、さらに磁気治療などさまざまな方法があります。いずれも骨盤底筋群に刺激を与えることにより、筋肉を修復していくので元に戻る可能性が高いでしょう。ただし、いずれの治療法も自分に合った方法でなければ意味がありません。クリニックでカウンセリングを受けた後、自分の悩みを解決してくれるものを選ぶようにしましょう。

ペルビックトレーナーが人気

クリニックで行なわれている膣のゆるみを回復させる手術は、だいたい30分程度で終わる非常に簡単なものです。また、治療の中でも磁気治療を用いたペルビックトレーナーなら、1回あたり10万円以下で受けることができて、3~5回前後継続すると効果を実感できます。治療の中でも比較的自己負担の割合が安価なものなので、取り入れやすい方法であると言えます。

ケアが必要

女の人

初潮を迎えるあたりから分泌されるおりものは、正常な状態だと無色透明か白っぽい濁りで臭いもあまりありません。しかし、加齢やストレス、卵胞ホルモンバランスの影響で色みと臭いに悩まされるので適切なケアが必要です。

Read

月経が早く終わる

ウーマン

デリケートゾーンのお手入れで有効なものと言えば、膣内洗浄グッズ。洗いづらい子宮内の雑菌繁殖を抑制すると同時に、月経を早く終わらせる効果もあるので女性にとって役立つグッズです。

Read